ニキビ対策のための洗顔は1日何回やれば良い?

ニキビ対策のための洗顔は1日何回やれば良いのでしょう。

実は、ニキビ対策のためには、洗顔は、1日2回で十分です。ニキビができやすい肌の人は、とにかく、まめに洗顔しようとします。少し皮脂が出てきてテカッてきたと思うと、必死になって洗顔フォームで洗顔します。

しかしそうした行為は、実は、ニキビにはかえってよくありません。ニキビがある人は、洗顔には神経質になりがちですが、洗顔回数は1日2回でよいのです。朝と夜に正しく洗顔すれば、それ以上は必要ありません。ニキビ肌の洗顔については、夜、ニキビ肌用のマイルドな洗顔料を使用するとよいでしょう。

洗顔するときは、たっぷりとホイップ状の泡で包むように丁寧に洗います。

そして、すすぎは人肌温度の熱すぎず温すぎずの温度でするとよく、洗い残しのないよう、しっかり10回くらいすすぐようにします。

洗顔料が毛穴に残るとニキビの悪化の要因になるので、すすぎだけはしっかりと行いましょう。朝は、洗顔料なしで、水だけの洗顔で十分です。朝起きぬけの肌は。汚れていないので、洗顔料を使うと、必要以上の皮脂を落としてしまうことになります。

洗顔後は必ず、保湿するようにします。油分を含まないさっぱりした化粧水や美容液で潤いを補うのがコツです。